いざ頂へ 大文字山登山

  • 2010/05/31(月) 22:23:53

昨日は待ちに待った大文字山登山。メンバーの日頃の行いが良いせいか、快晴の中でも暑すぎず、寒すぎずの最高のコンディション。




「よーし、大文字山、登るぞー!!!」

飲み物買って、弁当持って、トイレも済ませて、いざ出発。観光客でごった返す銀閣寺道を抜け、登山道へ。




歩くのが速い子も遅い子も、自閉症の子もボランティアも、それぞれみんな進むペースは違いますが、踏みしめる一歩一歩の重さは同じです。







汗を流しながら、緑の中を一生懸命に進みます。途中、吹き抜ける風に夏を感じながら、気分爽快。

山の中腹でみんなお楽しみのお弁当。







エネルギーを補給し、さあ、いざ山頂へ、アタックです。




どれぐらい続くのか、という長い長いコンクリートの階段を抜けると・・・




そこは別世界。





ここまで登ってきた疲れも一度に吹き飛ぶクリアな景色、爽快感。下から吹き上げる風に乗ってやってくる緑の薫りが心地よい。

「やったね!やっと着いたね。みんなで頑張ったね。良かったね。」

 
京都市内を一望出来るその場所は、ちょうど“大”文字の真ん中、右はらいと左はらいが交差するへその部分。日頃歩く鴨川も、旅の玄関口の京都駅も、麓の吉田山もしっかり、見渡せます。


送り火の時に市内のほぼすべてのポイントから見えるあの大きな大文字の中心に立てた、という喜びを、いつかメンバーさんも感じてくれるのでしょうか。




「あの大文字の火が点いているところ、僕は、私は、登ったんやで!!」

と得意げに話してくれる日を楽しみに、皆で帰途につきました。




参加してくれたメンバーさんたち、ボラさんたち、本当にありがとうございました。みなさんの協力のおかげで最高の一日を過ごすことが出来ました。

参加した多くのボランティアにとっては初めての登山企画でしたが、みなさんの協力のおかげで大きなトラブルもなく過ごせました。





登山、また紅葉の季節にでもどこかに登りたいですね。次はどの山に登りましょう??

次回、六月はお料理会!!さあ、今回は何を作るのか。今から楽しみです♪♪